福岡在住の自称「朝ごはん愛好家」、かたぱんです。
夫が単身赴任中のため、ひとり暮らしを満喫(?)している40代会社員です。

平日は週2~3日で出張もあり、仕事のスケジュールによっては残業もしています。
なので、普段は会社から帰ったらすぐに寝て、次の日に備えるという毎日。
休日は友人と温泉へ行ったりシーズン中は野球観戦に行ったりとアクティブに過ごすことが多いため、自分自身と向き合う時間や、趣味に没頭する時間がなかなかとれません。
そんな毎日も楽しく充実はしていたのですが、「もっと時間を有効に使いたい」「時間に追われるのではなく、いつも余裕のある自分でいたい」と思うようになりました。

そこで、どこで時間を作るか?と考えて、「早起き」「朝活」という以前から気になっていたキーワードを実行に移してみることに。
まずは早起きして大好きな「朝ごはん」を休日のようにゆっくり楽しむことから始めて、徐々に自分がやりたいことを整理していきました。
現在は4:30に起床して、おおまかなタイムスケジュールを組んで朝の時間を楽しんでいます。

一日のスタートはお気に入りの朝ごはんから

わたしの朝のタイムスケジュール

朝のタイムスケジュール
<4:30>
起床
最近はラジオ体操をしてから朝活スタート
歯磨きとトイレ(ついでにトイレ掃除)
朝ごはんの準備(お弁当を持っていく日はこの時に一緒に作ります)
<5:00~6:30>
朝活のメイン時間
ここに1時間半の時間のかたまりがあることで、「やりたいことができる!」と気持ちに余裕がうまれます。
朝ごはんを食べながらTODOの整理をし、日替わりで読書やブログ記事の執筆、最近始めた刺繍などをしています。
<6:30~7:00>
通信教育を2つ受講しているので、その勉強の時間。
「勉強」といっても一つは“日本酒の基本” もう一つは“ペン習字”です。
会社で受講していて、担当者から毎月進捗確認のメールが来るため、あまりさぼれません(笑)
<7:00~8:00>
食器の片付け
洗顔
使った部屋の床のモップかけ(コットンパックをしたまま移動がてらさっとモップをかけてまわります)
スキンケア・メイク
髪のセット(ついでにモップの雑巾部分を洗面台で洗って、まわりをささっと拭いておきます)
出勤準備
<8:00>
7:55~8:00には家を出ます。

朝ごはんを大切にすることで余裕をもって1日を過ごせる

早起きを始める前の平日は、トーストとコーヒーのみで出かけたり、途中のコンビニでパンを買って会社で食べたりしていて、そんな慌ただしい朝があまり好きではありませんでした。

そしてスケジュールによってはお昼ごはんが食べられなかったり、男性社員と一緒だとラーメンやうどんといった炭水化物オンリーのランチだったり。
夜も遅いのでひとりの時は基本的に晩ごはんはほとんど食べません。
そうすると栄養的な偏りが気になってきます。

朝ごはんを大切にすることで余裕をもって1日を過ごせるそこで考えたのが、「早起きして朝ごはんをきちんと食べよう!」ということ。

もともと朝ごはんが好きで、休日にはフルーツや野菜もしっかり取り入れたメニューを楽しんでいました。
だったら平日も早起きして朝ごはんで栄養の前倒しをすればいい。
朝だったら多少甘いものを食べても罪悪感ないですし(笑) なんて合理的!

とはいっても基本的なメニューは毎日そんなに変わりません。
昔ながらの喫茶店にあるようなモーニングが好きなので、トーストにコーヒー、スクランブルエッグとソーセージ。
それに葉野菜のサラダやフルーツなど。
プチトマトは毎朝摂るようにしています。抗酸化作用があると聞いたので(笑)

器も好きなので、少しずつ集めていて毎朝気分に合わせて組み合わせを考えたりしています。
インスタグラム(katapan_com)で朝ごはんの写真を投稿していったのも、モチベーション維持に役に立っていたと思います。

インスタグラムで朝ごはんの写真を投稿

時々季節に合わせたメニューを考えたりして変化も楽しむようにしています。
この冬は特に寒い日が多かったので、ビーフシチューや適当な野菜を入れたスープを作ってみたり、鏡開きのぜんざいを朝ごはんのメニューにしたり。

朝、しっかり食べることでその後の食事が満足にできなくても「朝、野菜食べたし」と安心感もうまれますし、なによりバタバタせずに余裕をもったスタートを切れるようになりました。

朝活の内容は日替わりでやりたいことをちょっとずつ

朝活の内容は日替わりでやりたいことをちょっとずつ

朝ごはんをきっかけに早起きの習慣が定着してきたので、段々と欲が出てきました(笑)
せっかく早起きするのなら、ここで一気にやりたいことをやってしまえ!という感じです。

私の今年の目標は「やりたいことを全部やる!」です。
そのひとつであるブログもようやく始めることができ、記事の執筆も朝の時間に取り入れています。
また、夜だとついつい夜更かししてしまう読書も朝にすることで区切りがうまれます。
最近、もっと集中して取り組む何かをやりたい(会社の人には完全に仕事からの逃避と言われていますが)と思い、イーラーショシュという東欧の刺繍も始めてみました。

こんな風にやりたいことがどんどん増えてきたので、朝の1時間半の活動は日替わりで内容を変えて取り組んでいます。

【日替わり朝活リスト】

  • ブログ記事を考える
  • 読書
  • 仕事の前倒し
  • 刺繍

日によっては仕事を前倒しですることもありますが、夜遅くに報告書などを提出するより、朝早く提出する方が、なんとなく気持ちがいいと思っています。
上司も朝型が多いので、ウケもいいかなというもくろみも(笑)

通信教育も以前はお昼休みや休みの日を使ってやっていましたが、朝の30分に取り入れることで課題の提出日前に焦ってやることもなくなりそうです。
勉強しているのが“日本酒の基本”だったりするので、夜のおつまみを考えたりするのも楽しいです。

終わりに

私の朝活は完全に「自分のため」だけの時間です。
なので、完璧に毎朝早起きができているわけではないですし、寝坊や二度寝もしょっちゅうです。
それでも以前の出勤に間に合うギリギリの時間に起きる生活から、一変しました。
朝6時に起きると「遅い」と思えるようになったんです。

朝の時間に“自分だけ”の楽しみをやるようになって、休日もより有意義に使えるようになりました。
なにより出勤前にやりたいことができていると、一日の満足度が高まります。

忙しい毎日の中で、やりたいことをやれる時間を見つけることは難しいと思います。
でも、ほんの30分からでも朝の自分時間を始めてみると、諦めていた「やりたいこと」がムクムクと顔を出してくるかもしれません。
コーヒー一杯を淹れる、ベランダの植物にお水をあげる、そんなことからでも始めてみてはいかがでしょう。

│ 夜のタイムスケジュールはこちら │

【私の夜のタイムスケジュール】寝つき命!素早く心地よく眠りにつくための6つのマイルール